アクション映画特集登場人物 相関図

『キングスマン』シリーズ:<相関図付き>主要キャラクター/登場人物を総復習!『ファースト・エージェント』対応

キングスマンシリーズ_キャラクター相関図&登場人物一覧TOP アクション
この記事は約6分で読めます。

超過激でポップなスパイアクション映画シリーズである『キングスマン』シリーズは2014年の第一作目の『キングスマン』から始まり、現時点で3作目までの放映が決定しています。

2022年以降も、製作会社マーヴ・グループのCEOであるジギー・カマサによればあと7本ぐらいの制作を予定しいるようで、全10作品ぐらいの長編シリーズになる見込み。とは言え『キングスマン』シリーズは結構な勢いで重要な人が死んでいくので
結構人間関係が複雑…。

2021年にはコロナで公開が延期になっている第3作品目でこれまでのシリーズの前日譚『キングスマン: ファースト・エージェント』の公開も予定されているので、今から久しぶりに見る人の復習に。これから観る人の予習に。相関図や主要キャラクター/登場人物一覧を含め是非ご活用下さい!

AD

『キングスマン』シリーズ:キャラクター/登場人物 相関図

キングスマンシリーズ_キャラクター相関図with登場人物一覧

前述しましたが…シリーズ2作目までで既に主要人物と思われていた人が、容赦なく殺されすぐにリタイアするので登場人物の人間関係が2作目までで結構に複雑。更に「アルファ・ジェル」という復活薬まであるので、新作で復活する可能性もあり…

今回は前日譚にあたる新作『キングスマン: ファースト・エージェント』で現時点で公開されているキャラクター/登場人物も相関関係に入れていますので、参考までに。


顔は見たことはあるけど誰だっけ?となった人は、下の各キャラクター/登場人物紹介も合わせて確認ください。

※相関図はクリックで拡大します!

『キングスマン』シリーズ:主要キャラクター/登場人物 紹介

まずは、『キングスマン』に属する主要キャラクター/登場人物を紹介!

ゲイリー・“エグジー”・アンウィン(タロン・エガートン)

キングスマンシリーズ_ゲイリー・“エグジー”・アンウィン
出典:TSG Entertainment

キングスマンドシリーズの主人公。身分はイギリスの独立情報組織「キングスマン」の候補生→エージェント。通称は”エグジー”。
高いIQを持ち、小学生時は優秀な成績を収め、体操の少年部門では二連覇を達成するなど高い身体能力を持つが『キングスマン』開始時点では海兵隊から除隊し自堕落な生活を送っていた。


ハリー・ハートにより「キングスマン」に勧誘され、候補生となりテストを受ける事になるが結果不合格になるが、世界中の人々を殺し合わせようとするヴァレンタインの計画を阻止すべく立ち上げる。

『キングスマン:ゴールデン・サークル』では”ガラハッド”のコードネームを引き継ぎ、「キングスマン」のエージェントに昇進しており、壊滅状態になったキングスマンを立て直すためにアメリカの独立情報組織「ステイツマン」と共闘し、麻薬組織「ゴールデン・サークル」のリーダー:ポピー・アダムズに立ち向かう。なお、手クセが悪い。

キングスマン』シリーズの登場人物との相関
<家族関係>
ミシェル・アンウィン(母)、リー・アンウィン(父)、ディーン・ベイカー(義父)
<恋愛関係>
ティルデ王女
<協力関係>

ハリー・ハート(相棒、師匠)、マーリン(同僚)、ロキシー・モートン(同期)、ブランドン、ジャマール、リアム

登場作品
『キングスマン』(2014)、『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)

ハリー・ハート(コリン・ファース)

ングスマンシリーズ_ハリー・ハート-ガラハッド
出典:IMDb

イギリスの独立情報組織「キングスマン」のベテランエージェントであり、コードネームは”ガラハット”
1997年の中東での任務で、エージェント候補生だったエグシーの父であるリー・アンウィンに助けられた事もあり、『キングスマン』開始時からエグシーの事を目にかける。

『キングスマン』では同僚エージェントの”ランスロット”を殺害した犯人を探り、世界的大富豪のリッチモンド・ヴァレンタインの計画に気付くが、ヴァレンタインが流した電波の影響を受けて凶暴化し、サウスグレード教会の参列者を虐殺。自失となっていた所に姿を現したヴァレンタインによって射殺される。

『キングスマン:ゴールデン・サークル』で「ステイツマン」に救助されている事が発覚するも記憶を喪失。記憶を取り戻した後は全盛期と比較すると能力は劣るものの、エグシーと共に麻薬組織「ゴールデン・サークル」のリーダー:ポピー・アダムズに立ち向かう。

『キングスマン』シリーズの登場人物との相関
<協力関係>

ハリー・ハート(相棒、弟子)、マーリン(同僚)、ランスロット(同僚)

登場作品
『キングスマン』(2014)、『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)

マーリン(マーク・ストロング)

キングスマンシリーズ_マーリン
出典:IMDb

キングスマンのエージェント候補者の指導教官であり、エージェントの戦略サポート係。
『キングスマン』発当時は、エージェント候補者の指導教官して登場するがハリーが亡くなったとは、エグジーやロキシーに対する指揮官として、ヴァレンタインの陰謀阻止作戦に参加。
飛行機を運転する。システムにハッキングするなど多彩なスキルを展開して活躍。

『キングスマン:ゴールデン・サークル』では、壊滅状態になった「キングスマン」の復興を目指し行動。エグジーやハリーと共に自らもエージェントとして参加するが、地雷を踏み敵兵士を道連れにし死亡。大好きな歌は「カントリー・ロード」。

『キングスマン』シリーズの登場人物との相関
<協力関係>
ハリー・ハート(同僚)、ゲイリー・“エグジー”・アンウィン(教え子)、ロキシー・モートン(教え子)

登場作品
『キングスマン』(2014)、『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)

ロキシー・モートン(ソフィ・クックソン)

キングスマンシリーズ_ロキシー・モートン
出典:20th Century FOX

エグジーの「キングスマン」候補生時代の同期であり、唯一の「キングスマン」合格者。
合格後は、空席になっていた”ランスロット”のコードネームを継承する。

『キングスマン』では、気球で成層圏まで出て衛星を破壊するなどエージェントになったばかりだがヴァレンタインの陰謀阻止作戦に貢献し活躍。『キングスマン:ゴールデン・サークル』では、”ガラハット”を引き継いだエグジーと引き続き同期として良い関係を築いていたが、ポピー・アダムズが発射したミサイルによって命を落とす。

『キングスマン』シリーズの登場人物との相関
<協力関係>
ゲイリー・“エグジー”・アンウィン(同期)、マーリン(同僚)

登場作品
『キングスマン』(2014)、『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)

アーサー(マイケル・ケイン)

キングスマンシリーズ_アーサー
出典:20th Century FOX

秘密エージェント組織「キングスマン」のリーダーである”アーサー”のコードネームを持つ。
特権意識が強く、「キングスマン」への労働者階級の加入に嫌悪感を持っている。

表向きは「キングスマン」のリーダーとして本部でエージェントの活躍を見守っているが、裏ではヴァレンタインの計画に参加/協力している。エグジーを毒入りの酒で殺そうとするが、すり替えられ逆に命を落とす。『キングスマン:ゴールデン・サークル』では違う人間(マイケル・ガンボン)が”アーサー”を引き継ぐが、ポピーが発射したミサイルによって早々に退場するので紹介は割愛。

『キングスマン』シリーズの登場人物との相関
<協力関係>
リッチモンド・ヴァレンタイン

登場作品
『キングスマン』(2014)、『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)同じコードネームを持つ別人

次ページからは、『ステイツマン』に属する主要キャラクター/登場人物を紹介!

コメント

タイトルとURLをコピーしました