映画コラム 映画特集

秋の夜長に観たくなる”おすすめ”恋愛映画<10選>

秋の夜長に観たい恋愛映画 映画コラム
この記事は約3分で読めます。
AD

芸術の秋。”人肌恋しい”この時期にぴったりな”少し切ない”ラブ・ロマンス映画を厳選。

少し肌寒くなってきて、”人肌恋しい”季節。
一人で観ても、恋人と観ても、誰と観ても”少し暖かい”気持ちになれる。そんな恋愛映画を10作品をご紹介。ざっくりのストーリを読んで是非一度見て貰えれば。
秋の夜長に、ドップリと映画の世界に浸ってみては?

おススメ作品①『スウィート・ノベンバー』2001年

ストーリー

一流広告代理店に勤めるネルソン(キアヌ・リーヴス)は、ある日、ひょんな事からサラ(シャーリーズ・セロン)と出逢い11月の1ヵ月間だけ恋人になることを提案される。
”なぜ1か月なのか?””なぜ彼女は自由奔放に生きられるのか?”
その理由とは一体?その理由を知った時、貴方はどう感じますか?

おすすめポイント

タイトルからも、ストーリーからも漂う”秋”の季節感。
この季節にこんなにもピッタリなラブ・ロマンスは無いと思います。切ないながらも、感動する名作。

おススメ作品②『恋人たちの予感』1989年

ストーリー

セントラルパークの美しい紅葉をバックに、数年ぶりに再会したサリー(メグ・ライアン)とハリー(ビリー・クリスタル)。
再会した二人は友人としてデートを重ねるのだが、次第に二人は惹かれていく事になる。
二人の友情の行方は?男女の友情は恋愛に変わるのか?

おすすめポイント

DVDジャケットやポスターでも分かる”秋”感。
肌寒くなった季節に再開した二人のストーリーを見ると心暖かくなれる事、間違いなしです。
友情から恋愛に発展したい方。そんな経験があった方に少し古い作品ですが、是非とも見て頂きたい恋愛映画の名作です。

おススメ作品③『ノッティングヒルの恋人』1999年

ストーリー

ハリウッドで人気女優のアナ・スコット(ジュリア・ロバーツ)はある日、イギリスのノティングヒルの街角でウィリアム(ヒュー・グラント)とぶつかってオレンジジュースを掛けられてしまう。そんな最悪の出会いから始まった2人は、住む世界が違うが惹かれ合っていく。
身分違いの2人の恋の結末とは?

おすすめポイント

ロマンチックコメディ映画の代表作ともいえる作品。
アナの帰国会見の場に乗り込むラストシーンはこの映画の最高の場面。胸がジーンとすること間違いなしです。
観たらオレンジジュースを持ち歩きたくなる。素敵な気持ちにさせてくれる作品です。

おススメ作品④『あと1センチの恋』2014年

ストーリー

ロージー(リリー・コリンズ)とアレックス(サム・クラフリン)は6歳の時からの親友。いつでも2人でいられると思っていた2人は高校卒業パーティーでの出来事を機に、別々の人生を歩んでいく事になる。
離れていても時に重なる二人の運命。ただその度に相手にはパートナーがいたりと”あと少し”が乗り越えられずに恋愛には至らない。2人は結ばれるのか?

おすすめポイント

「恋愛はタイミング」。この映画を見ると強く感じさせられます。
お互いが惹かれ合ってもタイミングが悪いと結ばれなかったり、そんなことありますよね?ずっと好きだったけど結ばれなかった人に是非見てほしい。胸がきゅんとする事間違いなしです。

おススメ作品⑤『猟奇的な彼女』1999年

ストーリー

兵役が終わって復学したキョヌは、ひょんなことから出会った「彼女」と出逢う。「彼女は」曲がった事が大嫌い。所かまわず注意もするしぶったったく。口ぐせは「ぶっ殺されたい?」。そんな「彼女」にキョヌは振り回せれながらも恋愛に発展していく。
しかし彼女には、元彼との悲しい別れがあり
それを受け入れられないでした。果たして2人は結ばれるのか?

おすすめポイント

放映時、韓国映画史上歴代第1位の大ヒット作品となった本作。
とにかく笑えて、泣けて。何も考えなくても大丈夫。
きっと観終わった後は、スッキリ。幸せな気持ちになれていると思います。ストーリーの展開も見事
主題歌の”I Believe”も何度聞いても名曲。

コメント

タイトルとURLをコピーしました