映画特集 映画監督

監督別:総興行収入ランキングをまとめた件。誰が一番稼いだか?

総興行収入_キャッチ 映画特集
この記事は約8分で読めます。

1970年以降の作品を計1805本。監督数186人分をまとめた結果から”今現在”までに監督した作品でいくら稼いだのかその総興行収入をランキング化。果たして一番稼いだのは誰か?ランキングの結果は??

AD

ちなみに、平均値は??

1人当たりの監督作品本数
9.7本

1本当たりの平均興行収入
$196,692,718

監督1人当たり総興行収入平均
$1,907,919,364

集計した前監督の監督作品数平均に、1本当たりの平均興行収入を掛けて平均値を算出。
結果は、$1,907,919,364(小数点以下 四捨五入)。$1を日本円レート:106円で計算すると
¥202,239,452,601!!
2000億超と庶民が目にすることのない桁数の金額感ですが…。これぐらいの金額が平均になります。
この数字を頭の片隅に置きながら見て貰えると、どれだけ凄いかが解るハズです!!

それでは…。ランキングに進んでいきましょう。


<集計方法>
・n=1970年~2020年放映作品:計1805本(監督数186人分)
・興行収入:”Box Office Mojo”の2020年9月30日時点
・IMDb Score:“Internet Movie Database”の2020年9月30日時点でのレビュー点数
・IMDb平均Score:加重平均にて算出(各作品のScore×各作品のレビュー数/監督作品の総レビュー数)

総興行収入 第1位:スティーブン・スピルバーグ

生涯での興行収入は“1兆円”越え…

多分、世界中で映画が見れる環境にある人の誰しもが知っているといっても過言では無いんじゃないかと思える世界を代表する映画監督。総興行収入の”1兆円”越えは唯一無二の存在…。
2005年には、文学作品以外では初のMuseum of POP CultureScience Fiction and Fantasy Hall of Fameに殿堂入りを果し、各国でも叙勲され正に『偉人』。

出典:fashion-headline

本名:スティーヴン・スピルバーグ
   (Steven Spielberg

生年月日: 1946年12月18日 (年齢 73歳)


受賞歴
アカデミー賞:3回
 ・アカデミー監督賞:2回
  (ノミネート:7回)
 ・アービング・G・タルバーグ賞:1回


【総興行収入】$10,248,836,625
【総制作本数】32本
【IMDb平均Score】7.8

スピルバーグ作品:興行収入TOP3

第1位:ジュラシック・パーク(放映年:1993年)
ほとんどの人は、全シリーズ作品やTV放送を通じて1度は観ているハズ。
「恐竜×映画」と言えばコレ!

興行収入:$1,029,153,882
IMDb Score:8.1

第2位:E.T.(放映年:1982年)
TV放送される度に話題に。放映当時の映画史上で最大の興行収入を記録したSFファンタジーの金字塔。
興行収入:$792,910,554
IMDb Score:7.8

第3位:インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国.(放映年:2008年)
『インディ・ジョーンズ』シリーズの第4作。第1作目の1981年から何年たっても人気が落ちないアドベンチャー作品。
興行収入:$786,636,033
IMDb Score:6.1

総興行収入第2位:ルッソ兄弟

アンソニー・ルッソとジョー・ルッソの兄弟。
MARVEL作品を4作品手掛け、そのうちの1作品が世界映画興行収入ランキング1位(2020年10月時点)。他のMARVEL作作品もTOP10入りと少ない監督作品数で堂々の2位!

出典:Getty

【総興行収入】$6,844,074,705
【総制作本数】5本
【IMDb平均Score】8.0

ルッソ兄弟作品:興行収入TOP3

(2019)

1位:アベンジャーズ/エンドゲーム
全世界で映画興行収入1位のバケモノ映画。
アベンジャーズの知名度と”最後の戦い”という事で爆発的な興行結果に。

興行収入:$2,797,800,564
IIMDb Score:8.4

(2018)

2位:アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
アベンジャーズ人気は絶大。この作品も全世界での興行収入第5位。
アベンジャーズはもう映画館で見れなくて残念。

興行収入:$2,048,359,754
IMDb Score:8.4

(2016)

3位:シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
こちらもMARVEL。ヒーロー同士の熱い戦い!
DCコミックの『バットマン vs スーパーマン』より興行的に成功している。凄いなMARVEL!

興行収入:$1,153,304,495
IMDb Score:7.8

総興行収入第3位:ピーター・ジャクソン

ロード・オブ・ザ・リングの大ヒットでランキング入り。
ロード・オブ・ザ・リング前まではホラーテイストな作品が多く、ダークな雰囲気のファンタジーが多いのも納得。
シリーズ作品全てで興行収入が高い!!

出典:アフロ

【総興行収入】$6,524,110,017
【総制作本数】15本
【IMDb平均Score】8.3

ピーター・ジャクソン作品:興行収入TOP3

(2003

1位:ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還
『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』三部作の最終章。話が進むほど興行収入が高くなる珍しい作品。ちなみに評価も3作品目が最も高い。
興行収入:¥1,119,110,941
IIMDb Score:8.9

(2012)

2位:ホビット 思いがけない冒険
『ロード・オブ・ザ・リング』の前章。
こちらも三部作だが、この作品が1作品目。1作目が1番興行的に成功する普通の例。

興行収入:¥1,017,003,568
IIMDb Score:7.8

(2013

3位:ホビット 竜に奪われた王国
小説『ホビットの冒険』を原作とした『ホビット』三部作の2作目。ちなみに前作から合わせた6部作は完結までに14年の月日が掛かってます。
興行収入:$958,366,855
IIMDb Score:7.8

総興行収入第4位:マイケル・ベイ

『トランスフォーマー』シリーズの監督。
アメリカ色の強いアクション映画が多い。監督作品の興行収入もさることながら、経済誌『フォーブス』の「エンタト業界で最も稼いだ人物」で4位にランクインするほど稼いでます!

出典:Getty

【総興行収入】$6,441,071,207
【総制作本数】13本
【IMDb平均Score】6.5

マイケル・ベイ作品:興行収入BEST1

(2011

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
『トランスフォーマー』シリーズ第1部の完結編
地球全体が舞台。シリーズ最大級のスケールの3D作品。シリーズ物はやはり強い!

興行収入:$1,123,746,996
IMDb Score:6.2

総興行収入第5位:ジェームズ・キャメロン

興行収入もさる事ながら、『アバター』『タイタニック』を観れば分かるが制作費も鬼の様にかける映画監督。
私生活では4度の離婚に5度の結婚。藤岡弘、とも交友が深く、「キャメロン」、「サムライ」と呼び合っているらしい。

典:ciatr

【総興行収入】$6,173,358,154
【総制作本数】
8
【IMDb平均Score】8.0

ジェームズ・キャメロン作品:興行収入BEST1

(2009)

アバター
世界興行収入は2019年まで10年間1位を守り抜いた、こちらもバケモノ映画。当時3D映像での作品としては先駆者的な存在でもある。
興行収入:$2,789,968,301
IMDb Score:7.8

総興行収入 第6位~10位

総興行収入の第6位~10位については、一挙にご紹介!
10位以降については、また別記事で…

監督名監督作品数総興行収入IMDb平均Score興行収入BEST1興行収入
デヴィッド・イェーツ7本$5,993,634,9907.5ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2$1,341,511,219
クリストファー・ノーラン10本$4,739,943,8198.5ダークナイト ライジング$1,084,939,099
J・J・エイブラムス6本$4,653,435,0077.5スター・ウォーズ/フォースの覚醒$2,068,223,624
ティム・バートン20本$4,446,399,1447.1アリス・イン・ワンダーランド$1,024,299,000
ロン・ハワード26本$4,384,887,5567.3ダ・ヴィンチ・コード$758,239,851

最後に…

皆さん如何だったでしょうか?10位のロン・ハワード監督でも平均の2.3倍の総興行収入でした。
ちなみに上位10名の監督だけで合計:$60,449,751,224。
日本円での¥6,407,673,629,744($1=¥106計算)興行収入もあるんです。
解りずらいので、数字を丸めると6兆4077億円ぐらい。はっきり金額の想像が付きませんが…
世界中で”たった2時間ぐらい”の映像を見る為に、お金を払う人がこれだけいる。
そう思うだけでも、やっぱり映画って素敵なコンテンツですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました