映画コラム映画特集

徹底解説!『モンスターバース』<全29種>の怪獣たち。サイズや能力も一気に確認。

モンスターバース怪獣一覧_TOP 映画コラム
この記事は約4分で読めます。

『モンスターバース』で登場する怪獣(タイタン)達を一挙に紹介。
サイズや能力を徹底解説していきます。東宝版とハリウッド版ではサイズも見た目も能力も違う!?
2021年7月2日公開予定の『ゴジラvsコング』まで網羅。

まずは、主要タイタンのサイズを確認していきましょう!(画像はクリックで拡大可能!)

モンスターバース_怪獣サイズ比較

キングギドラ(ハリウッド版ではギドラ呼称なので、以下では”ギドラ”上記)がやはり大きい…。
コングのサイズは『ゴジラvsコング』時になっていますが、髑髏島でのサイズから大きく成長しています!

サイズ比較の次は、各怪獣を徹底解説!まずは「髑髏島」に生息するタイタンから…

AD
AD

髑髏島に生息するタイタンたち

髑髏島で登場するタイタンは、他シリーズで登場するタイタンよりも全体的に小ぶり。
コングでも髑髏島の時点では31.6mしかありませんでした…。『ゴジラvsコング』では『キングコング: 髑髏島の巨神』から46年も経過しているので、コング以外も成長しているかも??

コング(Kong)

コング(kong)
出典:IMDb

出演作:キングコング: 髑髏島の巨神/キング・オブ・モンスターズ/ゴジラvsコング
体長:31.6メートル / 体重:158トン (キングコング: 髑髏島の巨神

髑髏島の生態系の頂点に君臨する超大型類人猿であり、髑髏島の”神”。種としてはスカル・クローラーとの生存競争に敗れており、同種の最後の生き残り。基本、温厚だが両親を殺害したスカル・クローラー髑髏島の調和を乱す”モノ”には容赦なく戦う。
『GODZILLAvsKONG』で怪獣達の起源とされる地下空洞世界では未発見ながらもまだ生き残りがいる可能性が示唆されており、もしかしたら繁殖が可能かもしれない。

『キングコング: 髑髏島の巨神』時はまだ青年期であり、『ゴジラvsコング』では117.3mまで大きく成長。また武器を扱うなどの高い知性を見せる。

リーフウィング(Leafwing)

リーフウィング(Leafwing)
出典:Gigantis Universe Wiki

出演作:キングコング: 髑髏島の巨神/キング・オブ・モンスターズ/ゴジラvsコング
翼長:2~3メートル

絶滅を逃れた翼竜の一種。タイタンとしては小型。亜種に「サイコ・バルチャー」「イカルス・フォリウム」などがいる。
カモフラージュやエコロケーションに秀で、群れで行動し狩りを行う。髑髏島固有種のフグを餌とする事により、その毒により性格は獰猛に、また血は青く変色している。
『キング・オブ・モンスターズ』では王となったゴジラに恭順している様子がある。

スポアマンティス(Spore Mantis)

スポアマンティス(Spore Mantis)
出典:AmazonPrimeVideo

出演作:キングコング: 髑髏島の巨神
体長:15メートル

髑髏島に生息するレッドウッドの倒木に擬態する巨大昆虫。ナナフシの様だが、実はカレエダカマキリの仲間であり進化系。
擬態能力は高く、マシンガンで撃たれてもビクともしない強靭な表皮を持っているが、敵に遭遇した時は強靭な筋肉で一目散に逃げる。頭部には強靭な顎を持つ寄生虫が潜んでおり、それなりの攻撃力を持つと思われるが劇中では、その様子は見られない。

リバー・デビル(River Devil)

マイアースクイッド(Mire Squid)
出典:AmazonPrimeVideo

出演作:キングコング: 髑髏島の巨神
体長:27メートル

髑髏島の入江に生息している巨大なタコの様な頭足類。原語版ではマイアースクイッド(Mire Squid)。
汽水域に潜み獲物を見つけると襲いか掛かり捕食するが、劇中では入り江に来たコングを襲い逆に捕食されてしまう。

バンブー・スパイダー(Bamboo Spider)

マザーロングレッグス(Mother Longlegs)
出典:AmazonPrimeVideo

出演作:キングコング: 髑髏島の巨神
体長:5-7メートル

竹林に生息する巨大なクモ。足を竹に擬態させ通り掛かった獲物を頭上から襲い捕食する。
攻撃手段は、足による突き刺し。体の下部から伸ばす粘着性の触手。カニのハサミのような前足など非常に多彩だが、擬態させている足は非常に脆くナイフで簡単に切り裂かれる強
度であり、劇中では足を切り落とされ頭部を撃ち抜かれた。

スカーバッファロー(Sker Buffalo)

スカーバッファロー(Sker Buffalo)
出典:AmazonPrimeVideo

出演作:キングコング: 髑髏島の巨神
体長:13メートル(角の長さ:19メートル) / 体重:22トン

水辺に生息している巨大スイギュウ。人間にとってはその巨大な体躯は脅威になり得るが、比較的温厚な性格で数多くいるタイタンの中では、珍しい捕食される/攻撃対象となる存在。水陸両用の草食動物。
巨大な角があるが、体に苔や草を生やすことで、生息域の環境に擬態している。

スカルクロウラー(Skullcrawler)

スカルクロウラー(Skullcrawler)
出典:AmazonPrimeVideo

出演作:キングコング: 髑髏島の巨神/ゴジラvsコング
体長:28.95メートル / 体重:100トン

髑髏島で最も獰猛な種であり、最凶の捕食者。外見は蛇のような体に一対の前脚を持った爬虫類。
高い代謝により捕食を常に必要としており、獲物を見つけると長い舌で捕らえ丸呑みにする。


複数の個体が確認されているが、その中でも大きく成長したモノは”スカルデビル”と呼ばれ、コングの両親の仇でもある。非常に狡猾で強靭な肉体を持ったタイタン。劇中で”スカルデビル”はコングにより凄惨な最期を迎えるが種としては生き残っている。

次のページでは『GODZILLA』シリーズで登場するタイタン達を一挙に紹介!

コメント

タイトルとURLをコピーしました