MCUSPUMCアクション映画特集

映画『ヴェノム』の10個の素朴なギモン。本当のところはどうなのか?すべての疑問を徹底考察!

映画『ヴェノム』の10個の素朴なギモン。本当のところはどうなのか?すべての疑問を徹底解説! MCU
この記事は約9分で読めます。

2018年に公開されたMARVEL映画『ヴェノム』。2018年では世界興行収入で第三位というスマッシュヒットとなり、2021年には最新作『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の公開も予定されています。

そんな映画『ヴェノム』を観て”ん?”と皆さんが疑問に思うであろうシーンを解説していきます。
これを読んだら一気に解決。続編『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』を観る前に、この記事でスッキリして下さい!

【MARVEL映画『ヴェノム』の“あらすじ”やキャラクター。次回作が知りたい人は】
MARVEL映画『ヴェノム』を徹底解説!キャラクターや続編情報まで全てを網羅!!これで一挙に総復習

AD
AD

エディがNYで起こしたの“デイリー・グローブ社での出来事”とは?

ヴェノム_エディがNYで起こしたの“デイリー・グローブ社での出来事”とは?
出典:Getty Images

エディとアンが2人でディナーをしている時に出た会話。エディがNYのデイリー・グローブ社で何か事件(?)を犯しNYに居られなくなった…というやつです。
1つの都市に居られなくなる大事件とは何なのか??大事ですよね。普通に考えて。
これについては、映画『ヴェノム』の中では語られる事はありません。なぜなら”お楽しみ要素”だから。
この“デイリー・グローブ社での出来事”はMARVELコミックス版のお話。

コミック版では、エディは元々この新聞社”デイリー・ブローブ社”の人気記者で、その当時、殺人犯だと名乗る人物のインタビューをし記事にしますが、真犯人は他にいてスパイダーマンが捕まえたことから誤報を記事にした責任で新聞社をクビになります。これで恨みを持ったエディが”シンビオート”と合体しヴェノムになる…というコミックスのお話。

ちなみに、”デイリー・ブローブ社”はスパイダーマンこと、ピーター・パーカーが働いていたデイリー・ビューグルのライバル社。NY時代には2人とも面識があったかも!?
MCUへの合流への布石かも知れません…。

コミックス版での出来事。スパイダーマンとの繋がりあり!?本編には今のところ関係ないが

なんでチョイ役の生き残った宇宙船乗組員に名前があるの??

ヴェノム_ジョン・ジェイムソン
出典:MARVEL

序盤も序盤。ライフ財団の宇宙船で唯一生き残った彼。ジェイムソン!
観ている人も、名前があり唯一の生き残りという事もあり”きっと”重要なキャラクターに違い無い!と思ったハズです。でも劇中では、ほんの数分も無いぐらいで退場…。なんで名前がついてるの??

コチラもMARVELコミックスからの“お楽しみ要素”。彼のフルネームは多分ジョン・ジェイムソン。
ジョン・ジェイムソンは、スパイダーマンが働く新聞社デイリー・ビューグルの社長、J・ジョナ・ジェイムソンの息子であり、MARVEL版のヴィーゼルこと将来のマンウルフ。1990年代のスパイダーマンアニメシリーズでは実際にシンビオートを地球に持ってくる任務に就いていたりする。

やっぱり、ヴェノムはスパイダーマンと切っては切れない縁があります。

MARVELコミックス/アニメ版のキャラクターがモデル。ヴェノムとスパイダーマンとの関係が見え隠れ!?

そもそも、シンビオートって結局何が目的だったの??

ヴェノム_シンビオートとは
出典:ソニー・ピクチャーズ 映画

ライフ財団により地球にやってきた地球外生命体のシンビオート。
彼らは酸素のある場所につくと、生命体に寄生し同化。宿主を餌にしながら操り次々に宿主を変える厄介な生き物。そんな彼らの最終目的は、最良の餌場を探す事。ドレイクに寄生/共生したライオネットは、地球こそ最良の餌場として宇宙にいる仲間たちをライフ財団の宇宙船を使って連れてこようとしていました。

つまりは、ライフ財団がシンビオートを見つけたのではなく、シンビオートに見つけたライフ財団が正しい…。意味を知ったら怖い話。

宇宙をさまよい餌場を探す。シンビオートの意味を知ったら本当は怖い話…。

ヴェノムは“なぜ”心変わりしたのか??

ヴェノム_ヴェノムは“なぜ”心変わりしたのか??
出典:ソニー・ピクチャーズ 映画

先ほどの“シンビオートの目的”で書いた通り、ヴェノムも元々は餌場を探して宇宙を彷徨っていた厄介な宇宙生命体。しかし、ヴェノムは、そんなシンビオートの目的を忘れ地球の為に人間の為に戦う事を決意します。なぜヴェノムは心変わりしたのか??

これはシンビオートの特性が大きく影響しています。シンビオートは寄生した宿主の記憶や感情を取り込みます。これによりエディに寄生する事により、エディの記憶や感情を読み取りエディを気に入り心変わりしたのです。
作中でもヴェノムがエディの事を「お前が気に入った」と言っています。ヴェノムは「オレは自分の星では、お前のような負け犬だった」と言っており、自分の境遇と、エディのこれまでの境遇を重ね合ね合わせ共感し、一緒にいる事を選んだのだと思われます。

寄生する人により、その特性が悪にも全にも変わるシンビオート。MARVELコミックスには善に能力を全振りしたシンビオート“トキシン”というキャラクターもいますが、これからのシリーズで一体どんなシンビオートが登場するのでしょうか??

シンビオートは共生する事で寄生主の記憶や感情を共有。エディの感情や記憶にヴェノムが共感したから。

ライフ財団で実験台になったマリア。結局死んじゃったの??

ヴェノム_ライフ財団で実験台になったマリア。結局死んじゃったの??
出典:ソニー・ピクチャーズ 映画

街で古新聞を集めてはエディに法外な金額で売りつけるホームレスの女性マリア。
ライフ財団によるシンビオートの人体実験に騙されて参加させられます。参加した後はシンビオートを体に宿すことになるのですが…。ライフ財団に忍び込んだエディに見つけられ、マリアに寄生していたシンビオートはエディに移り、そのまま倒れ込んでしまいます。

という事は、マリアに寄生した居たのはヴェノム!!
ヴェノムが寄生していたのであれば、マリアは無事かと思いきや…ヴェノムが地球に興味を持ち人と共生しようと思ったのはエディに寄生してからなので、マリアに寄生している時はシンビオート気質満々。普通にエサとして処理している可能性が高く、上記の画像の通り内臓を蝕まれているハズです。なので、描写はありませんが…多分お亡くなりになっていると思われます。

エディと共生する前のヴェノムなので、餌場を探すシンビオート時代。普通にマリアは蝕まれていました…。

シンビオートが女性と共生したら??

ヴェノム_シンビオートが女性と共生したら??
出典:AmazonPrimevideo

『ヴェノム』の作中にも、ヴェノムと分離したエディを助けるためにアンと共生したヴェノムが登場します。その姿はエディ×ヴェノムとは異なり、ほっそりとして女性型。
女性にシンビオートが共生すると、キチンと女性らしい姿になります。この姿とキスする勇気はありませんが…。


ちなみに物語もクライマックスに差し掛かりヴェノムとドレイクが発射しようとするロケットの発射台に向かう時、エディに向かってアンが「一緒に行きたい」と言った時にヴェノムが答えた一言「今はその時ではない」。これは次回作『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』への布石かも!?

ヴェノム_シンビオートが女性と共生したら??MARVELコミックス
出典:MARVEL Comics

なぜなら、MARVELコミックスではアンは一時的にシーヴェノムとして登場しているから。
アンのシーヴェノム以外にも、女性に寄生したシンビオートはスクリームなどがいます。彼女たちが今後のSPUMC(ソニー・ピクチャーズ・ユニバース・オブ・マーベル・キャラクター)で登場する事に期待です!!

シンビオートは宿主の体を覆うので、女性と共生すると女性らしい姿に。今後はシーヴェノムやスクリームに期待。

「クリプトナイトみたいなモノ」ってどういう事??

ヴェノム_クリプトナイト
出典:DC Comics

ヴェノムの弱点が一定の周波数の音だとアンに話した時に、アンが言った一言。
知らない人からすると”??”となる、このセリフ。実は結構珍しいセリフだったりします。

なぜなら、クリプトナイトとはDCコミックスのヒーローであるスーパーマンの数少ない弱点である鉱石でありMARVEL作品が、その垣根を超えるという”アベンジャーズ”とかでは考えられないセリフだから。
そう思うと『ヴェノム』は、『アベンジャーズ』とかよりも『デッドプール』の方が近い作品なのかもしれない。キャラクターもコミカルです
し。Comicsでは「デッドプール:バック・イン・ブラック」で実際にデッドプールと合体しますしね…

MARVEL映画なのにDCコミックスからの流用!クリプトナイトはスーパーマンの少ない弱点。

物語終盤エディに“君たち”と声を掛けた、犬を連れた老人は??

ヴェノム_君たちあの子を放しちゃいけないよ。
出典:AmazonPrimevideo

物語終盤、エディがドレイクとの闘いが終わり、アンの家を訪れた帰りに犬を連れた老人にすれ違います。
この時、エディはアンに対しても自分の中にヴェノムが残っている事を伝えてはいないのですが…この老人エディを見て”君たち”と声を掛けます。一目で”君たち”と見抜く彼は一体…?

こちらの老人は、マーベル・コミックで『スパイダーマン』、『X-メン』などのスーパーヒーローコミックの原作を手がけ、マーベル・メディアの名誉会長でもある凄い人!その名もスタン・リー。
マーベル映画に毎回カメオ出演している彼だが、この映画の公開日2018年10月1日の42日後の2018年11月12日に肺炎によって95歳で亡くなっています。彼の元気なカメオ出演を見れる最後の映画こそ『ヴェノム』なのです。

MARVELの立役者”スタン・リー”のカメオ出演。彼の最後の出演作であり、最後のシーンです。

なぜ、ヴェノムの好物がチョコレートなの??

ヴェノム_なぜ、ヴェノムの好物がチョコレートなの.png
出典:ソニー・ピクチャーズ 映画

シンビオートの好物は動物の脳みそ。とはいえヴェノムはエディから悪人以外を食べる事を止められています
でも、燃費の悪いシンビオートは何時でも空腹。そんな空腹を紛らわすのがチョコレートなのです。
なぜなら、シンビオートが人間の脳を食べたがるのは、神経伝達物資フェネルチルアミンを欲しているからでありり、この物質はチョコレートからも抽出にも含まれるから。

ちなみに本当にチョコレートには、本当にフェネルチルアミンは含まれており、別名“恋愛ホルモン”と呼ばれています。
シンビオートの好物がチョコレートで、理由が“恋愛ホルモン”を接種したいからって可愛すぎません!?

シンビオートの好物”脳みそ”に含まれるフェネルチルアミンがチョコレートにも入っているから。

エンドクレジットの途中に出てきた、殺人犯は??

ヴェノム_クレタス・キャサディ(ウディ・ハレルソン)+カーネイジ
出典:ソニー・ピクチャーズ 映画

エンドクレジットで取材に行った殺人犯クレタス・キャサディ。
エディに笑って「俺がここを出たら大虐殺(カーネイジ)になるぞ」と不穏な事を言った彼ですが、この“大虐殺(カーネイジ)”とは、スパイダーマンの最強にして最強の敵“カーネイジの事!こういう事があるので最近の映画はキチンとエンドロールを最後まで視聴する事!!忘れないで!!

続編の『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のメインヴィランとして登場する事が決定していますが、MARVELコミックスではスパイダーマンと共闘しても倒せなかった手ごわい相手。果たしてヴェノムは勝てるのか??

ヴェノム_エンドクレジットの途中に出てきた、殺人犯は??
出典:MARVEL Comics

ちなみに、映画『ヴェノム』ではキャシディは「ようこそ、エディ」と牢獄の壁に描いていましたが、これもMARVELコミックス版のオマージュだったりする。

スパイダーマンの最強にして最強の敵“カーネイジ”の宿主。
次回作『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のメインヴィラン!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました